ロジクール PCスピーカー パソコン用 Z313のレビュー

ロジクール PCスピーカー パソコン用 Z313のレビュー 自宅でデスクトップパソコンを使用しているのですが、音に不満を覚えていました。

音声はモニターから出力されるものを聞いていたのですが、これだと音が今一なんです。

音質は悪いですし、音量もあまり上がりません。

Youtube等の動画を見ていると聞き取れない事もあったので、これをどうにかしたいと悩んでいました。


ロジクール PCスピーカー パソコン用 Z313とZ213、Z407の違い

ロジクールのPC用スピーカーZ313と比べてZ213は下位グレード、Z407は上位グレードといった位置づけです。

音質でいえばZ407がいいんですけど、値段が高すぎます。

Z213は安いのですが、購入時の価格はZ313と300円ぐらいしか差がありませんでした。

300円差なら下位グレードであるZ213のお買い得感は薄れますし、Z313を選びました。

ロジクール PCスピーカー パソコン用 Z313を選んだ時に重要視した点

コスパの高さ

本来のZ313は6000円ぐらいで、下位グレードのZ213(3500円程度)と上位グレードZ407(9500円程度)とのバランスが取れていました。

でも購入時はなんとZ313はポイント還元を考慮すると3700円程度と激安。

Z213より300円程高いだけだったので、このコスパならZ313だろうと決めました。

ロジクール PCスピーカー パソコン用 Z313を購入する前と後で パソコンでYoutubeやAmazonPrimeVideo等の動画視聴を快適に楽しめるようになりました。

以前は音質に不満をもっていたのですけど、今は迫力ある音が聞こえるので動画も以前より迫力を増しました。

おかげで動画視聴がはかどっています。

ロジクール PCスピーカー パソコン用 Z313を実際に購入して良かった点

サブウーファーによる重低音の強化

重厚感のある重低音なので、映像の迫力が増しました。

コントローラーで音量調節

コントローラーは独立しており、手元に置けるようになっているので、音量の増減は簡単。

コントローラーにヘッドフォン端子がある

こちらにヘッドフォン端子を挿せばヘッドフォンで音を聞けるので、ヘッドフォンとの切り替えがしやすくていいです。

ロジクール PCスピーカー パソコン用 Z313を実際に購入したけど悪かった点

電源をAC入力なので、コンセントにつながないといけないのがダメです。

USB端子から電源をとれるなら、パソコン本体に挿せば使えるのでかなり便利です。

どうせパソコン本体には音用のケーブルを挿しますしから。

でも電源はAC入力なので、電源コードを電源タップまで繋げなくてはなりません。これが面倒ですしコードもかさばってしまいます。

ロジクール PCスピーカー パソコン用 Z313は、こんな人におススメ

パソコンの音を少しでもよくしたい方。
でも、そこまでお金を掛けたくない方。


ロジクール PCスピーカー パソコン用 Z313を購入しない方がいい人

パソコンの音をよくしたいと思っており、お金を掛けてもいいと思っている方
パソコンの音はモニター出力で十分と思っている方。

まとめ

パソコンモニターの音ってイマイチなことが多いと思います。

そこでPC用にスピーカーを購入したいと考えている人って多いと思いますけど、コスパを重視するならかなりおすすめです。

私の場合は買ったタイミングも良かったのもありますけど、この値段でこの音質は他にないと思います。
タイトルとURLをコピーしました