Incase(インケース) Backpack(バックパック)37181011/37181012の口コミレビュー

PCを入れた重いビジネスバッグを手持ちすることに悩んでいました。

PCは充電器も含めて1.5kgほどあり、通勤時の往復1.5時間持つだけでも腕がパンパンになっていました。

>

Incase(インケース)の37181011/37181012を選ぶ時に重要視した点

・予算2.5万円以内
・シンプルなデザイン
・PCを入れるポケットがあり、クッション機能があること
・機内に持ち込める
・25Lほど入れられる

これらの条件をすべて満たしているものが、探した中では本商品のみでした。

また、Apple公認のメーカーなので、一定の品質があると考えました。


実際に購入して (使って) 分かった商品のよい点

・負荷分散される構造をしているため、重いものを入れても背負うと案外軽いです。

・PCポケットのみならず、360°守られているため、電子機器を気にせず入れることができています。

・ポケットが多いため、小物が散らかることなく持ち運べます。


Incase(インケース)の37181011/37181012のデメリット

強いて言えば、実際に使用した際のデメリットは防水機能がないことです。

日常的に使用するリュックなので、天気が悪い日には、防水機能があっても良かったなと思うことがしばしばあります。


Incase(インケース)の37181011/37181012を購入した方がいい人

PCを持ち運ぶ機会が多い方です。

出張はもちろん、最近はリモートワークが増え、PCを持ち運ぶ機会が増えていると思いますので、体に負担をかけずに持ち運ぶことのできる本商品をおすすめします。



まとめ

ビジネスリュックは種類も豊富なので、調べるときに様々な商品がヒットすると思います。必要な軸を決めつつ、調べることをおすすめします。

私と似たような条件で探している方には、強くすすめられる商品なので、ぜひ候補に入れてください。
タイトルとURLをコピーしました