三菱鉛筆 ユニボール シグノ 307 0.5mmを使った感想

インクの出具合がいいボールペンが欲しい!と思っていた時に、学校で配られたボールペンが、Uniのシグノボールペンシリーズでした。

とても書きやすかったので、後日近くの文房具屋さんにUniのシグノボールペンシリーズを見に行きました。

試し書きなどをし、形などは違ったのですがユニボール シグノ 307を選びました。

また後日にわかったのですが、ユニボール シグノ 307は東大生も使ってる人が多いとポップに記載されてありました。



ユニボール シグノ 307を購入した決め手

ずばり書きやすさと、持ちやすさです。

ユニボール シグノ 307はとてもインクの出がよく、ストレスなく、公文書でもインクがでなくて書き損じるなどのミスをすることが無いありません。

とても持ちやすく、たくさん文字を書いても疲れにくいです。


ユニボール シグノ 307を実際に使った感想

ストレスなく文章などをスラスラとかけます。
文字を書くということがとても楽しくなり、気が向かずにやっていた宿題でどもはかどります。

インクを消費するのも早いようですが、たくさん書いて頑張った分、その努力が報われているように感じて嬉しい部分もあります。


ユニボール シグノ 307を実際に使って良かった点

ストレスなくスラスラと文字をかけることで、勉強がはかどり成績が上がったことです。ただ、ユニボール シグノ 307を使うことで直結的に成績が上がるわけではありません。

間接的にこのペンは成績をあげる手助けをしてくれています。






ユニボール シグノ 307を実際に使って悪かった点

インクの消費が早いようです。このペンはインクが柔らかいせいか、書いて直ぐに手で擦れてしまうと紙を汚してしまう事がありました。


ユニボール シグノ 307を購入したほうがいい人

学生さんや社会人の方だと思います。様々な文書を手書きする場合、ストレスなく書くにはユニボール シグノ 307が最適です。




タイトルとURLをコピーしました