NOLTYの能率手帳を購入した理由とレビュー

私がNOLTYの能率手帳を買う前に悩んでいたのは、うまい具合にスケジュール管理ができないか?、という問題でした。 携帯で管理している人が多いようですが、社会人として手帳はきちんと持っておいた方がいいのでは?スケジュール管理もきちんと時間単位でしなければ・・・。 ですが、どんな手帳がいいのか?もわかりませんでした。

NOLTYの能率手帳を購入した決め手

・月毎のカレンダーと週毎のカレンダーが入っている ・月毎でまとまってページになっている ・インデックスがついている ・ちょうどいいサイズ感とメモ欄の量 ・メモ帳の色味など、 ほぼ全てにおいて自分が想定していたものを超越したからです。何より使いやすいです。

NOLTY能率手帳を実際に使って良かった点

まず一つ目は、 週毎と月毎のスケジュールが見られる。 これらが2つ揃っていれば、月毎で見たときに大体の予定はわかるし、週毎の部分には場所や時間を書けます。全てが手帳一つで済みます。 二つ目は 週毎のスケジュールが、月毎にまとまってついている。一々探さなくても月毎の後ろに週毎のスケジュールがあるので探しやすいです。 三つ目はメモの量です。 いざ何かメモらないといけないときになかなか便利でした。メモしてもまだいっぱいページがあります。

NOLTY能率手帳を実際に使って悪かった点

特にありませんが、強いて言うならばインデックスが少し折れ曲がり、負けてしまっているというところです。 インデックスが曲がってはページは開きにくいですし、見栄えも悪くなってしまいます。 NOLTY能率手帳を使った方がいい人は、大学生以上の社会人に近い方々です。スマホで予定の管理はいざというときに困ることあがあります。 上司などの目の前でメモを取らない、特にスケジュールはというのは社会に出て通用しません。 大人への第一歩として持って欲しいですし、社会人の人は自分の予定を見直すために使ってほしいと思います。 NOLTY能率手帳を使う上で注意する点は 中身は紙なのでインデックスやページが曲がりやすくなっています。曲がらないように気をつけ、細心の注意を払ってこれを扱ってください。 一年間は付き合っていくことになるので、綺麗にしていないと気持ちよく使うことはできません。とにかく丁寧に綺麗に扱うことです。 せっかく手帳を買うのだから、手帳を常に見て行動する癖をつけたり、何でもメモしてみたり、まず、使って見ることをオススメします。 スケジュールは面倒くさがって後で書くのではなく、その場でわかったら、すぐにメモをすることを大切にしてください。
タイトルとURLをコピーしました