液だれないガラスの醤油差し│江戸前すり口醤油注ぎ

醤油差しを使うと気になるのが、醤油の液だれです。ガラス製の醤油差しで液だれがしない商品を見つけました。 醤油を注いだ後、残った醤油が容器内に戻るので、液だれが一切しない構造になっています。 江戸前すり口醤油注ぎは、ひとつひとつ「江戸硝子」の伝統的な製法で職人さんの手によってすり合わせられて作られているガラス製品です。 色のバリエーションもあり、好きな色を選べ、どんなインテリアにもマッチするので、キッチンでもダイニングテーブルでもどこでも使えます。 また、醤油以外に、お酢やオリーブオイル、味ぽん等を入れて使えます。

江戸前すり口醤油注ぎの特徴

何と言っても醤油が垂れないことです。ほかの醤油さしのように、注ぎ口から不必要な醤油がダラダラ垂れることなく、醤油が必要な分だけ注げます。 そして、小ぶりで使いやすく、かわいらしいたたずまいになんだかとても癒されます。ガラス製なので、中身の量も外から見て、一目でわかります。 垂れない醤油さしを長年探していたので、やっと求めていたものに出会えました。 プラスチックのものは汚れたり、変形したり、劣化したりしますが、その心配も今のところありません。とても使いやすく、家族のだれもが気に入っています。

実際に、江戸前すり口醤油注ぎを使った感想

本当に醤油がたれません。使いやすく、醤油をさすのにぴったりです。 シンプルでかわいらしい形なので、愛着がわき、見るとなんだか癒されます。 中身の量も外からひとめでわかるので、使う時にたりないなんてこともありません。食事中に醤油をたすという手間がはぶけてうれしいです。 メリットは、醤油がたれないこと、 もう何年も使ってますが、スッと取れますよ。全く液だれしないですし、いい商品です。 シンプルで使いやすいこと、小ぶりでかわいらしいこと、中身の量が外から見えること、職人が手作りしているので特別感があり、一点ものだということ。 デメリットはガラスで出来ているので、壊してしまいそうなこと、 洗うときに洗いづらいこと、蓋がぴっちりはまり過ぎると、取りにくいことがあります。ただ、日常的に使う場合に醤油が固まって開けにくくなるといったことはありません。

たれないお醤油さしを探している人に江戸前すり口醤油注ぎはおススメです

一人から四人家族くらいまででしたら、量もぴったりかと思います。食卓においておけば安心、ちょっとお醤油とってきてという頼みもなくなるでしょう。 たれないお醤油さしを探しているなら、使って損はありません。職人さんが一つ一つ手作りしているので、丁寧に作られています。 何と言っても垂れないので、食卓を汚しません。今までの悩みを解決してくれること、間違いなしです。
タイトルとURLをコピーしました