最近、話題になっているお取り寄せ商品│人気の秘密とその理由

通販日和

未分類

これって風邪それとも花粉症?見分け方と病院・市販薬の選び方

投稿日:

風邪だと思っていたのに、
実は、花粉症だった!

症状がひどくなってから気づくことがよくあります。

初期のうちからどちらかを見分けて、
適切な対策や治療で悪化を防ぎたいですよね。

同じような鼻水やくしゃみ、鼻づまりの症状で、
風邪と花粉症を見分けるポイントってあるの?

どちらなのか疑わしい場合、
病院は何科に行けばいい?
市販の薬は何を飲めばいいの?

数々の疑問を調べてみました。

風邪と花粉症の見分け方チェックポイント

鼻水とくしゃみと鼻づまりは、花粉症の典型的な症状です。
だけど風邪をひいても同じ症状が出て、紛らわしいですよね。

実際に違いはないのでしょうか。
風邪と花粉症それぞれの症状を、
詳しくチェックしてみましょう。

花粉症
・発熱なし
・鼻水はサラサラ
・両方の鼻がつまる
・連続したくしゃみ
・目がかゆい
・数ヶ月続く
・晴れた日と強風の日にひどくなる
風邪
・発熱あり
・サラサラ鼻水からネバネバ鼻水に変化
・鼻づまりは片方ずつ
・くしゃみはひどくない
・目はかゆくない
・長くても1週間
・天候は関係ない

こうして並べてみると、たくさん違いがありますね。
これだけはっきり条件がそろえば、
自分で見分けることができそうです。

でも、ここまで症状がはっきりすることって、
レアケースですよね。

風邪か花粉症か見分けられないときは何科に行く?

上記のチェックポイントは、
しばらく経過を観察しないと
見分けられないことも多いです。

目のかゆみが出ない花粉症もあるし、
風邪で発熱がないときもあるし、
風邪だとしてもネバネバ鼻水になるまでがつらいし、
天候を数日間気にしているあいだに病院に行きたいですよね。

咳が出たら風邪、と思いがちですが、
花粉症でも喉がやられて咳が出たりします。

鼻水や鼻づまり、咳などの症状がひどく、
日常生活に支障をきたしている場合は、
自力で風邪か花粉症かを見分けようとして
家で様子を見るよりも、
早めに受診して診断を任せたほうがいいです。

でも、風邪を診てもらう内科?
花粉症のアレルギー科?
鼻水の耳鼻咽喉科?
どこに行けばいいのでしょう。

オススメは、耳鼻咽喉科です。
耳鼻咽喉科は鼻と喉のスペシャリストです。

内科やアレルギー科は、
花粉症を含むアレルギー全般の診断をしてくれますが、

薬剤を霧状にして気道内に送り込むネブライザーや、
鼻吸引、鼻うがいなどの、専門的な処置は
行っていない場合があります。

風邪と花粉症のどちらなのかわからなくても、
鼻水がつらくどうしようもないときは、
耳鼻科に行けば鼻水を吸い取ってくれ、
風邪の薬、花粉症の薬、どちらでも処方してくれます。

咽喉科なので咳も診てくれます。

診断以上の処置や治療をしてほしければ、
耳鼻咽喉科がベストなんです。

花粉症だけでなく、今後は、
鼻水がつらいときは耳鼻科、
目がつらいときは眼科、
その他は、内科、

と思っていれば、まず間違いありませんよ。

耳鼻科で花粉症と診断されて、
もっと専門的な治療を受けたいと思うなら、
そのときに、アレルギー科にかかればいいでしょう。

風邪や花粉症のつらい鼻水に選ぶ市販薬は?

基本的に、鼻水の症状を緩和する薬なら、
どんなものでも構いません。

花粉症はアレルギー性鼻炎なので、
市販の鼻炎薬が効きます。

総合風邪薬でも、多少は鼻水を緩和してくれます。

ただあくまで“緩和”なので、
薬を飲んだときに鼻水が止まる、以上の効果はありません。
根本的な治療をしたければ、やはり受診しましょう。

風邪はこじらせると肺炎になったりします。
花粉症は適切な対処をしないと、
花粉の量が増えるにつれて、どんどん悪化していきます。

まとめ

風邪と花粉症の見分け方は、
いくつかのチェックポイントがあります。

だけど自己診断は難しいことも確かです。

確証が持てないまま市販薬を飲み続けるよりも、
しっかりと診察を受けたほうが安心です。

チェックポイントを参考にしても見分けがつかないときは、
悩むよりもまず、専門医の判断を仰ぎましょう。

-未分類
-

Copyright© 通販日和 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.